2009年8月19日水曜日

ランシット市場のお祭り

近所のランシット市場で、お祭りをやっていました。実際にはお祭りではなくて、不景気対策のため、安い衣類や食べ物を売る市を3日間だけ開くということらしいんですが、小さなテントの屋台で物を売って、特設舞台で歌や踊りをやっているのを見ると、小さなお祭りのような雰囲気です。

一枚目の写真は、舞台でやっていたタイの舞踏。何と呼ぶのかは知らないのだけど、人形のようなカクカクした動きをする踊り手と、それを操っている演技をする黒子が1組になる踊り。初めて観たけど、人形のような動きがなかなか面白い。

舞台を観たあとは、「FF というインスタントラーメンを1バーツで売りまーす!」という声が聞こえたので、みーさんと一緒に走って行って並びました。定価は5バーツ。例えるなら、60円のラーメンが10円という感じでしょうか。

こんなラーメン、スーパーに行けば好きなだけ買えるんだけど、反射的に走って行列に並んで、買った後はものすごく儲かった!と思うのはどうしてなんでしょうね。みーさんは、買った後も興奮冷めやらず、「もう1回並ぼう!」と言ってました(並ばなかったけど)。

開店セールのときは、テレビを無料で配るよりも、1000円で売ったほうが客寄せの効果があると聞いたことがあります。そういった客寄せの心理技巧のひとつなのかもしれません。

3枚目は、近所の市場にあるペットショップで働いている、オリエン号(左)とカイトゥン号(右)。トラックの荷台に載って、はいチーズ。

0 件のコメント:

コメントを投稿