2009年8月31日月曜日

日本の国力

日本にいるときはあまり意識しなかったけど、海外に出て働いてみると、日本人だというただそれだけで有利なことが多い。要するに国籍によって損得がある。単純に言えばおれの日本国籍は得で、みーさんのラオス国籍は損だ。生まれながら不平等があるのはとても嫌なことだけど、実際にあるものは仕方がない。実際にどんな損得があるのか挙げてみる。


・他国に入国するときの査証や入国審査の違い。日本人はビザなし入国できる国が多い。

・経済力。生まれながらにして高い生活レベルや教育レベルを受けられる可能性が高い。

・企業の数。世界各国に日系企業がいれば、それだけ日本人が各地で職を得やすくなる。おれがタイで働けるのも日系企業がタイに進出しているおかげ。ラオス企業はあんまりないので、みーさんがラオス企業で働ける可能性は少ない。

・人口。日本人は1億人で、世界第10位。人口が多ければ、それだけ母国語を使う機会が多い。日本人とラオス人が素晴らしく英語が出来たとする。英日の翻訳で身を立てることができても、英老(ラオス)の翻訳は需要が少なくて難しいだろう。

・文化。知名度。日本の本やマンガや映画は翻訳され世界に輸出され、多くの観光客が日本を訪れる。日本人とわかれば好感を持つ国の方が多い。


こうやって書いてみると、それぞれは独立しているわけじゃなくて、人口をベースに関係し合っている。人口x経済力=国力、のような感じだろうか。将来は、日本の人口は減り、世界の人口の多い国順に、インド、中国、米国、パキスタン、ナイジェリア、インドネシアとなるらしい。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1151.html

もしかしたら、日本の国力は今がピークで、おれあたりがその得を一番享受しているのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿