2009年9月15日火曜日

プラトゥーの食べ方

プラトゥーという魚を油で軽く揚げたものは、タイでは定番のおかずで、日本で言うならさしずめアジの開きかサンマの塩焼きか。魚党のおれは大好きでよく食べております。


油でさっと揚げてあるので、あまり油っぽくなくおいしい。だけど、油で長めに揚げたものは、さかなの頭が天ぷら状になっていて、骨までバリバリ食べれるので、これもまたおいしい。油でさっと揚がった肉か、こんがり揚がった骨か、この2択には長年頭を悩ませていたんだけど、つい先日、すばらしい解決法を発見した。


まず、肉の部分を全部食べる。残った小骨・背骨・頭を皿に入れて、電子レンジにかける。2分くらいすると、全てがカリカリになっていて、骨まで全部食べられる。うめー。


居酒屋でアジのたたきを食べたとき、残った骨を油で揚げてもらって食べることがあるけど(ありますよね?)、あれと同じ感じです。


ちなみに、きのうはサンマを食べたので、サンマもやってみたけどうまくいきませんでした。プラトゥーは油で揚げてあるから、身に残った油のおかげでカリカリになるようです。


参考:http://bangkokjapan.com/blogDetail.jsf?au=54&content=19077

0 件のコメント:

コメントを投稿