2009年9月21日月曜日

カオピアックの秘密

ラオスの料理にカオピアックというのがある。ベトナム料理にもある米麺で、いってみればラーメンのような日常食だ。ラオスのどこでも食べることができる。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/sugachan/sekai_nemu/laos/kao_piakku/kao_piakku.htm

2006年くらいだろうか、ラオスの首都ヴィエンチャンから北に3時間くらい行った、ヴァンビエンという小さな町で、このカオピアックを食べたら、とてもおいしかった。2008年にまたヴァンビエンを通ったので、同じ店に行ってまた食べた。そのときもすごくおいしかった。

そのあとタイに帰ってきてから、カオピアックがすごくおいしかったとみーさんに話したら、もしかしたら大麻が入っているかもしれないね、と言われた。そのあたりに住むラオス人は、食べ物をおいしくするために大麻を入れるそうだ。そう言われてみれば、田舎で作った普通の麺が、あれほどおいしいわけがない。謎が解けたような気がする。あれは禁断の味だったのだろうか。

今夜の夕食もカオピアックだった。みーさんのつくるカオピアックはおいしいけど、やはりあの幻のカオピアックにはかなわない。またいつかヴァンビエンに行って、あのカオピアックを食べたいなぁと思いながらスープを飲み干したのでありました。

0 件のコメント:

コメントを投稿