2009年9月9日水曜日

MAMARU製のコーヒーメーカーの話

今年の1月の自分の誕生日に、コーヒーメーカーを買った。それまでは、マグカップの上にプラスチックのコーヒー受け?を置いて淹れていた。けど、アメリカ映画を観ているとよく出てくるじゃないですか、コーヒーメーカーからマグカップにコーヒーを移すシーンが。あれをやってみたくなったのですよ。買って淹れてみた感想は、ちょっと濃い?味はろ紙を使ったほうがおいしいように感じた。

そのコーヒーメーカーは、MAMARUというブランドなんだけど、この会社名を検索しても、バンコクの事務所しか出てこない。中国あたりの工場で作っていて、OEMでブランド名をつけているのかもしれません。

1月に買ってから、会社に置いて毎日のように飲んでいたら、2月頃に壊れた。スイッチを入れると、通電はするけど全然熱くならない。コーヒーメーカーの部品なんて、スイッチとヒーターとサーモスタットしかないのに、たった1ヶ月で壊れるとはすばらしいな、と思いつつ修理に出した。3月になると修理が終わり帰ってきた。サーモスタットが壊れたので交換したそうだ。

それからまた毎日使っていると、4月になったらまた壊れた。どうやら1ヶ月使うと壊れるようになっているらしい(笑)。2年間は無料保障期間なので、また修理に出した。

修理が終わると電話で教えてくれるのだけど、いつまで経っても連絡がないまま、8月になった。いくらなんでも修理に4ヶ月は遅すぎるだろう、と思って電話で確認すると、部品を待っているけど、あと一週間で入荷すると言う。結局手元に帰ってきたのは9月になった。

購入したのはセントラルというデパートなので、修理はそこでお願いした。ちょっと疑問なのは、修理は販売店でやっているのだろうか、それともメーカでやっているのだろうか。無料修理期間なので、たぶんメーカでやっているのだと思うけど、1ヶ月で壊れる商品を売り、修理に5ヶ月もかかるメーカというのは、すごいよね。日本だとネットで大好評になって大変だと思うんだけど、これを読んだ皆さんには、ぜひMAMARU製品を買っていただき、その素晴らしさを味わっていただきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿