2009年10月22日木曜日

タイ版ETC 「Easy Pass」が販売開始

2009年10月20日、タイ高速道路公社が「Easy Pass」の販売を始めました。高速道路の料金所で、走行したまま料金の支払いが可能です。日本のETCと同じようなシステムですね。

2009年11月15日から「Easy Pass」が使えるのは、バンコク第1高速道路(ディンデーン〜バンコク港、バンナー〜バンコク港、ダオカノン〜バンコク港)とラムイントラ高速道路(アトナロン=ラムイントラ線のプラカノン付近始点〜ラムイントラ〜アウターリング東線)の2路線。

「Easy Pass」1セットには、「Smart Card」2枚が入っています。10月20日から11月14日までに申し込んだ場合、保証金1,000Bが半額のキャンペーンを実施中。10月20日から12月31日までは、高速料金500B以上を支払うと5%の割引中。

申し込みに必要なものは、連絡先の電話番号と、個人で申し込む場合は身分証の写し、法人の場合は商業登記謄本の写し。バンコク第一高速道路とラムイントラ高速道路の事務所か、ワンストップサービスセンター(パホンヨーティン ソイ42、BOIのワンストップセンターとは別)で申し込みができます。

高速料金をチャージするとき、一回当たりの上限は5,000Bで、カードにチャージできる金額の上限は9,999Bです。料金のチャージができる場所は、「Easy Pass」が使える高速道路の料金支払所と、ワンストップサービスセンター。

「Easy Pass」が使える路線は、以下の通り順次拡大を予定中(カッコ内はサービス開始予定)。
・バンピー-スクサワット線(2009年12月)
・バンコク第1高速道路(2010年内)
・バンナー-チョンブリ線(2011年内)

参考:タイ高速道路公社(英語・タイ語)

2009/10/26 追記
・ドンムアン・トールウェー線(ディンデーン~ランシット間)は対応する予定なし、とのことです。

0 件のコメント:

コメントを投稿