2009年7月30日木曜日

かの有名なオカマ泥棒、ついに逮捕



『地球の歩き方・タイ』にも載っているので、知っている人も多いだろう。かの有名な、タクシーに乗ったオカマの泥棒が、ついに逮捕された。


手口はこうだ。歩いている日本人を、徐行しているタクシーの中から呼び止める。泥棒は女性に見えるが、実はオカマ。自分はマレーシア(またはフィリピン・シンガポール)から来た旅行者で、ホテルが見つからずに困っている。ちょっとタクシーに乗り、隣の席に座って、一緒に地図を見てもらえませんか?と英語で話しかける。タクシーにのると、たぶん体をすりつけながら、財布を抜き取る。もちろんタクシーの運転手も共犯。


おれの知り合いが、なんと2人もこの泥棒にひっかかっている。


被害者のひとりは大学のときの友達の角ちゃん。一緒にタイに旅行に来たときに、突然「パスポートがない!」と騒ぎ出して、いろいろ考えた挙句「あのタクシーに乗ったときが怪しい」と思いついたとき、地球の歩き方にその手口が載っているのを見つけた。その後はツーリストポリスに行ったり、大変だったが今となってはそれもいい思い出。


もうひとりはタイで働いているときの先輩Sさん。トンロー近辺を歩いていたらやはり同じ手口で財布を盗まれた。ただしSさんの場合は、財布には ATM カードくらいしか入ってなくて、入っていた現金よりもヴィトンの財布のほうが高かった。


しっかし捕まえるのに10年もかかるとは、一体どういうことなのかね。しかも彼の自宅のあるパトゥムターニー県クローンルワン郡内は、うちの工場の住所じゃないか。


オカマの写真があったので張っとく。角ちゃんには写真を送って、コイツがどうか聞いてみるとしよう。


#2009/8/1 追記

角ちゃんから返事がありまして、おれはこんなブスに騙されない、もっと美人だった!!だそうです(笑)

よく読むと、今回捕まった犯人は日本語ができるけど、俺の友達は英語だったと言っているし、ATM を使わせるという手口も微妙に違う。

ということは、真犯人は他にいて、まだシャバで犯行を重ねているに違いない。


--
マレー人と名乗り日本人から騙し取ったカードを使用して現金を詐取したオカマ(54)を逮捕
http://thaina.seesaa.net/article/124545617.html

プーヂャッカーン紙(オンライン)によると警察は29日、言葉巧みに騙した日本人旅行者から盗み取ったクレジットカードを使用して現金を詐取していた容疑で54歳のタイ人のニューハーフの男をパトゥムターニー県クローンルワン郡内にある自宅内で逮捕した事を明らかにした。

 この逮捕は、今月1日に日本人被害者が首都圏警察本部トーンロー署に被害を届けた事を受け行われた捜査により実現したもの。

 日本語を流暢に話すことができるという男は警察の取り調べに対して、タクシー運転手と共謀して主に日本人旅行者をターゲットに獲物を探し、獲物に対して自分はマレーシア人またはフィリピン人旅行者であると名乗った上で道を尋ねると共にタクシー料金を支払うために手元にある1,000バーツ札を両替して欲しいとお願いし、もし相手が両替できなかった場合は言葉巧みにATMでお金をおろすように説得し、相手がATMでお金をおろしている際に後ろから暗証番号を盗み見て記憶しておき、その後相手を言葉巧みに誘いタクシーに乗せた際に巧みに盗み出したATMカードまたはクレジットカードを利用してATMから記憶していた暗証番号を使用してお金を引き落とすという手口で10年間に渡り1,000万バーツ以上の現金を詐取してきたと証言しているという。

2009年7月6日月曜日

20万キロ点検!

自分のクルマが走行距離20万キロになったので、トヨタで点検をしてもらいました。

いつもは1万キロごとに、街中にある B-Quick というお店で点検やオイル交換をしてもらっています。その方がトヨタよりも格段に安くて、だいたい半額くらい。でも、20万キロは節目なので、ちょっと高くてもトヨタで見てもらったほうがいいかな、と持って行きました。

オイル類、エアフィルターやプラグの交換と、調整程度ですが・・・終わってみると、エンジンの音がすごく静か!オートマのギアチェンジも静かでショックが少ない!こんなに変わるのかとびっくりです。

数年経って、またトヨタに持っていくときは、こんなに調子が良くなったことはすっかり忘れて、高いからどーしよーかなーと迷うに決まっているので、未来の自分にトヨタでの点検を薦めるための日記でした。

ちなみにお値段は2万円くらい。日本に比べれば安いんでしょうね。