2010年1月20日水曜日

タイのTwitter界へのお誘い

週刊ダイヤモンドでも特集が組まれた Twitter。140文字のつぶやきを投稿するという、一見すると単純なサービスですが、やってみるとなかなか面白いです。ただつぶやくだけでなく、フォローという仕組みがあるため、自分の好みのつぶやきを発信する人を探す楽しみや、ゆるやかなコミュニティに入ったような感覚があります。

いま、僕がフォローしているユーザの数は 276人です。フォローをする相手は自分で選べます。僕はタイやその周辺国に住んでいる、日本人や日本語話者を中心に選んでいます。僕の画面にはその 276人のつぶやきが流れて行き、それをTL(タイムライン)と呼ぶそうです。タイに住んでいる方が多く、最近は携帯電話やPCを使っていろいろな場所でリアルタイムにつぶやきがあるため、例えば雨が降ったときは雨雲の移動方向がわかったりします。見ていて非常に面白いです。

フォローの他にも、リスト、という仕組みがあります。これは、ツイッターのユーザを自分で分類できるという機能です。フォローをしている、していないとは関係ありません。僕は jp-in-th というリストを作成しました。これはタイにいる日本人や日本語話者を集めたリストです。現在は 218人のユーザが登録されています。

Twitter の使い方はそれぞれで、ひとりひとりが自分の好きなやり方でやればいいと思いますが、もしタイに住んでいる方で、まだ Twitter をやったことがなかったり、始めたけどよくわからないという方がいらっしいましたら、まずは jp-in-th のユーザをフォローして、タイに住んでいる日本人のつぶやきを聞いてみては如何でしょうか。