2010年5月8日土曜日

バンコクグラスFC 対 オーソットサパーFCを観戦

全世界10億人のサッカーファンの皆様、お待たせいたしました。
5月8日の、バンコクグラスFC 対 オーソットサパーFCを観戦してきましたので報告しますよ。


(夕方のスタジアム)

今日はあらかじめ昼過ぎにスタジアムまで行き、切符を買ってきました。
VIP席で200B。チケットには試合開始は16時と印刷してあり、ウェブでも16時と確認していたんですが、チケットを買ったときに「18時に変更されました」と教えてもらいました。直前での変更はタイならではですね。いちど家に帰り、17時半頃にスタジアムに到着。


(ベンチの両選手。一番左20番が猿田選手、左から三番目22番が滝澤選手)

さて、注目の日本人選手、滝澤選手と猿田選手ですが、残念ながらこの試合では両選手とも先発出場はせず。後半になり、猿田選手が交代で入りましたが、滝澤選手は出場機会はありませんでした。


(応援席にはためく日の丸を見よ!がんばれニッポン!)

試合の方は、バンコクグラスFCが惜しいシュートを放つ場面もあったのですが、お互い点は入らず、0-0 の同点で終りました。サッカーは詳しくないのですが、他のチームと比べると得点が取れずに苦しんでいる印象があります。


(試合後にスポーツドリンクを飲む猿田選手)


(試合後にインタビューを受ける滝澤選手。カメラマンの女の子が可愛かったw)

今回の試合では、相手のオーソットサパーFC 21番の日本人選手がいることに気付きました。調べてみると、以前はAC長野パルセイロに在籍した加藤康弘(かとうやすひろ)選手ですね。今日の試合では、取れそうにないボールを全力で追いかけて取った、良いプレーが何回もありました。これからもがんばってください!

もうひとつ、オーソットサパーFC には背番号16番の「こまり よしたか」選手が在籍するようですが、情報がないので、もしご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。今日の試合では出場していなかったようです→わかりました。小森由貴選手です。

試合後にピッチ近くの柵あたりで写真を撮っていたところ、日本人らしき方を見かけたので、話しかけてみました。おひとりはお子様と一緒にバンコクから、もうおひとりはオンヌットからいらっしゃったそうです。そのおふたりと話していたところ、また別の方から話しかけられました。なんとこのブログの読者様だそうで、びっくりしました。どうもご愛読ありがとうございます。これから沢山の在タイ日本人が試合を見に来て、日本人選手を応援してくれると良いなーと思います。

来週5月16日(日)もホームで対シーサケットFC戦。また見に来て報告いたしますよ。

追記1:バンコク週報に、深澤選手のインタビュー記事が載っていますのでご覧下さい。
追記2:タイ・プレミアリーグの外人枠は7人、試合に出れるのは5人だそうです。