2010年11月20日土曜日

バンコクで出会った人の思い出

起きてタイ関係のニュースを見ていたら、タイ在住の日本人が、東京に住む女性に覚醒剤を郵送した疑いで逮捕された、という記事を見つけた。逮捕された男性の名前が割と珍しい名前だったので、8年くらい前に会ったことがあるのを思い出した。

まだタイに来たばかりで働いてない頃なので、たぶんアメリカ同時多発テロが起きたころじゃないかと思う。知人の紹介で、バンコク内の日本人街でインターネット喫茶を開いた男性が、手伝ってくれる人を探しているので会いにいったことがある。店はある日本料理屋の2階にあり、コンピュータをのせた机を10個ほど並べてインターネット喫茶にしていた。

場所は多くの日本人が買い物に訪れる地区にあり悪くはなかったのだが、そのインターネット喫茶へ行くためには、まず1階のレストランに入り、店の中を横断して奥の階段まで歩き、その階段を2階へ上がる必要があった。最悪の立地だと僕は思った。こんなインターネット喫茶に来る客がいるとは思えない。

その店を経営していた人を、仮にA氏としよう。A氏は大手メーカを早期退職し、タイで一旗揚げようとこの店を開いた。大手企業に長く務めた人によくありがちな、企業内では活躍したのだろうが、自分でやるビジネスには向いてなさそうな人だった。この店の立地にも疑問を感じていない様子だったが、自分の店が全く儲かっていないことには不安を感じているようだった。

前置きが長くなった。僕が初めてこの店を訪ねてA氏を合ったとき、「この店のコンピュータの設定をやってもらったのがこの人なんだ」と紹介されたのが、冒頭で述べた、それから8年後に逮捕されることになるB氏だった。まだ30歳くらいで若く、いかにもITの技術者という爽やかな青年だった。

「実はB氏からこんなビジネスへのお誘いを頂いているんだ、どう思う?」そう言ってA氏が見せてくれたのは、5枚ほどの紙にまとめた事業概要だった。そこには、バンコクの中心部に無線LANを張りめぐらせて、その地域に住む日本人に無線インターネットを提供する事業の概略が書いてあった。「100万バーツ単位で出資者を探しているんだって。200万投資しようか迷っているんだけど、ちょっと見て意見をもらえないかな」そう言うA氏の顔にはB氏への信頼が浮かんでいた。

当時、無線LANはまだあまり普及していなかったが、僕は少しだけ使った経験があり、無線LANの電波は弱く、ちょっと離れたり壁があると電波が届かないことは知っていた。そのため、あらゆる家庭に無線LANの電波を届けるためには、相当な数の無線装置を設置しなければならない。そんなことができるのだろうか、、、

その点をB氏に質問すると、彼は何か急用を思い出したようにその場から立ち去り、それきり彼と会うことはなかった。8年後、報道写真で見た彼の姿は痩せ衰えており、当時のIT青年の面影はなかった。名前がなければ同一人物とは気付かなかっただろう。

A氏とはその後何回かお会いしたが、「共同経営者にならないか」と誘われたのを機に、もうお手伝いできないとお断りし、それきり縁が切れた。しばらく経つとそのインターネット喫茶もなくなっていた。彼がB氏に投資したのかどうかはわからないし、いまはどうしているかも知らない。

僕はその後日系企業に就職し、犯罪とは縁のない生活を送っているけど、一歩間違えばB氏のようになっていたかもしれないとよく考える。

(大筋が変わらない程度に細部は変えてあります)

0 件のコメント:

コメントを投稿