2010年3月27日土曜日

日産のエコカーが販売開始!

タイ政府が支援しているエコカー・プロジェクト。各社が投資を発表していますが、まずは第一弾として日産マーチが発売を開始しました。

驚きはなんといってもその価格。一番安いグレードSタイプは37.5万バーツ。これはラジオもついてない営業向けなので、実際に個人が買うであろうEタイプはマニュアルが42.5万、オートマが49.5万。これは安いですよ。

いままでタイで販売されていた小型車、トヨタのヤリス(日本名ヴィッツ)、ホンダのジャズ(日本名フィット)だと55万バーツくらいしますからね。10万バーツくらい安い印象を受けます。

現物がショッピングセンターにあったので実際に触ってみましたところ、座っても窮屈な感じはない。一緒に展示されている他の車には誰もおらず、このマーチにだけ人だかりがしていました。これは売れそうです。

こうなると、今後他社から発売されるエコカーが気になりますね。各社のエコカーを比較してみました。

メーカ発売日車種投資額
日産2010年3月12日ハッチバック・ガソリン1200cc
セダン・ガソリン1200ccとディーゼル1400cc
55億バーツ
ホンダ2011年3月ガソリン1300ccとディーゼル1400cc52億バーツ
トヨタ2011年3月セダン・ガソリン1200/1300cc66億バーツ
スズキ2012年ガソリン1000/1200cc95億バーツ
三菱2012年ハッチバックとセダン・ガソリン1200cc73億バーツ

ホンダがディーゼルエンジンを作るとのは驚きですね。すごく燃費が良いクルマになる予感がします。

まずは、日産のマーチがタイ人にどう受け止められるのか。
そしてこれからのエコカー市場はどうなっていくのか。注目です。

2010年3月26日金曜日

タイ・プレミアリーグで活躍する日本人サッカー選手

Wikipediaを見ると、タイ・プレミアリーグに参加する日本人選手は、12人も!いるんですね。

選手の名前をクリックすると、各選手のブログに行きます。

オーソットサパーFC
・加藤康弘選手(2010年から)
小森由貴選手(2010年から)

ポリス・ユナイテッドFC
・河村崇大選手(2010年から)

サムットソンクラームFC
・久保田勲選手(2010年から)
・ノグチピント・エリキソン選手(2010年から)

ムアントン・ユナイテッド
・財前宣之選手(2010年から)

バンコクグラスFC
猿田浩得選手(2010年から)
・滝澤邦彦選手(2010年から)

バンコク・ユナイテッドFC
深澤仁博選手(2010年から)

タイポートFC
丸山良明選手 2009年からチョンブリーFC→2010/4/20タイポートFCにレンタル移籍
・森田浩史選手 2010年からチョンブリーFC→2010/4/20タイポートFCにレンタル移籍

TTMFCピチット
・岩舘侑哉選手(2010年から)
・山本寛幸選手

シーラチャFC
服部昇太郎選手

カスタムズ・デパートメントFC(Division 1)
・木場昌雄選手(2008年から)


上記を書くのに、深澤選手のブログ記事を参考にさせて頂きました。他にもディビジョン1・2(日本のJ2に相当)にも複数の選手がいるそうですが、多くて追い切れません・・・。

猿田選手と滝沢選手が所属するバンコク・グラスFC は、なんと僕の住むランシットが本拠地です。いやー、近所なのに、サッカーチームがあることすら知りませんでした。次のホームでの試合は4月18日(17:00)なので、応援に行って参ります!

猿田選手ご自身のブログの他にも、フレンドリー・スポーツや、シラチャ日記にタイのサッカー情報が載っています。

タイでの楽しみがまたひとつ増えました。タイでプレーする皆さん、がんばってください!応援していますよ。

# 2010年4月4日追記
バンコク・グラスFCの今後のホームでの試合予定は、
4月18日(日)、25日(日)、5月8日(土)、16日(日)、6月12日(土)、19日(土)、26日(土)
です。
詳細はここここを見てください。

# 2010年4月8日追記
滝澤選手のファンの方から、ファンレターの宛先の問い合わせをいただきました。
宛先は以下の通りです。
普通郵便で大丈夫だと思いますが、心配でしたら EMS にしてください。

Mr.Kunihiko Takizawa

BGFC Sport Co., LTd.
47/1 Moo 2, Rangsit-Nakornnayok Rd., KM.7, Buengyeetho,
Thanyaburi, Pathumthanee 12110
THAILAND

2010年3月2日火曜日

『生命保険のカラクリ』も無料で読める!

前回の日記に書いた『新宿鮫X』に続き、またもやネットにて無料で読める本が出ました!
今回の本は『生命保険のカラクリ』。しかも PDF で新書1冊がまるごとダウンロードできますので、『新宿鮫X』と違って連載を今かいまかと待つ必要もありません。

ダウンロードはこちらから。ただし4月15日までだそうです。

僕は経済評論家の山崎元さんの愛読者で、彼がコラムやブログなどでこの『生命保険のカラクリ』や、その題材であるライフネット生命を薦めているのを見て、この本はぜひ読んでみたいと思っていました(そんなら日本に行ったときに自分で買えよ、と言われそうですが・・・)。

保険って本当に必要なのか、損なのか得なのか、入るとしたらどんな保険に入るのが得なのか?そういう疑問を考える第一歩になる良書だと思います。

無料の本であれば、青空文庫にたくさんありますけど、こういった同時代の本がネットで(しかも無料で)手に入るというのは本当に嬉しいですね。これからもこのような電子書籍の試みが行われることを期待しています!