2010年5月25日火曜日

バンコクの合鍵屋

仕事の関係で、バンコク内にある某サービスアパートの合鍵作りを頼まれました。

特殊な鍵らしく、そのアパートで合鍵を作ると1本500バーツもとられるそうです。街中で作るカギは、簡単なものなら20バーツ程度でできますので、500バーツはいかにも高すぎる。それなら自分で合鍵屋を探そうと、デパートや街中にある、あちこちの合鍵屋さんに行ってみましたが、どこでも「これは輸入品で合鍵は作れないよ」と断られました。

絶対にどこかで作れるはず・・・と散々探し回った挙句、やっと合鍵を作ったのがここ。少し前なので記憶があやふやですが、たしか1本50バーツでした。

ANAN KEY SHOP (อนันต์กุญแจ)
307 ซอยประชาอุทิศ แขวงห้วยขวาง เขตหัวยขวาง กรุงเทพฯ 10230
Tel. 0-2276-3367 , 0-2275-4343

このお店、普段はクルマのキー・シリンダーやパワー・ウインドウの修理をしているそうで、店内には修理用の部品がたくさんありました。24時間営業で、出張修理もしているそうですので、鍵で困ったときは電話してみると良いかもしれません。

場所は、ラチャダー通りからプラチャ・ウティット通りに入り、かなり進んだ場所の左側にあります(後日詳しい地図をアップ予定)。

ちなみに僕が作った合鍵は、フジスーパーに隣接している、某日系サービスアパートのものでした。

2010年5月23日日曜日

タイでカーナビを付けるなら

3ヶ月ほど前のことですが、会社でカーナビを購入することになったので、デパートに下見に行きました。タイのカーナビは、日本ほど種類が多くありません。ほとんどがいわゆるポータブルタイプで、価格は7,000Bから16,000Bくらいでしょうか。

デパートの電器売場で、あるメーカのものを試してみると、非常に有名なアマタナコン工業団地付近の道路も表示されないお粗末さ。こりゃ駄目だ・・・。

デパート以外に売っている店も知らなかったので、ツイッターで「タイのカーナビでお薦めはありますか?」と教えを求めたところ、ある親切な方から VDO Dayton社のカーナビを勧められましたので、勧められるままに PN7000 という機種をB15,900で購入しました。



使い始めて4ヶ月になりますが、このカーナビにはとても満足しています。僕は日本でカーナビを使ったことがないので、日本のカーナビと比較はできないのですが、経路探索、電話番号による行き先設定、地図の詳細さなど、とても良いと思います。

特に地図の細かさはすばらしく、例えばアマタナコン、アマタシティー、ナワナコンといった工業団地内部の道路や、タマサート大学内部の道路、スコータイ遺跡の中の細かい山道まで網羅しています。スコータイでは、かなり小さな遺跡まで名前が表示されていて驚きました。

表示言語は英語かタイ語、音声案内は英語、タイ語、日本語から選べます。

この VDO Dayton社製のカーナビ、ラマ9世通りにあるフォーチューン 4F の OXYGEN という店で売っています。僕の買ったモニタ 7" の製品は 15,900B ですが、もう少し画面の小さいものだと安くなります(地図は同じ)。もしタイでカーナビの購入を検討されているなら、VDO Dayton はお勧めです。

2010年5月16日日曜日

PDIC用 タイータイ略語辞典

ニュースを読んでいるときなど、タイ語の略語がわからず、PDICで調べても載っておらず困ったことはありませんか?
そんなときのために、PDIC用の略語辞典を作ってみました。

ただし日本語訳はありません。タイ語の略語をタイ語で展開しているだけです。登録語数は1,140語。
訳例:
ก. = กรัม,คำกริยา (พจนานุกรม)
กก = กระทรวงการท่องเที่ยวและกีฬา
将来は日本語訳も入れたいですねー。

ソースはここ。このページを PDIC用に整形して辞書にしただけです。このページはバンコくんに教えてもらいました。コープクンカップ。

ここから保存して、PDICのメニュー「ファイル」→「辞書設定<詳細>」→「既存辞書の追加」で登録してください。

バンコクグラスFC 対 シーサケットFCを観戦

またもやバンコクグラスFCの試合を観戦に行ってきましたよ。対戦相手はシーサケットFC、場所はおなじみバンコクグラスの本拠地レオ・スタジアム、5月16日18時のキックオフです。

この試合は滝澤選手が先発フル出場。タイラット紙によると、10番のスティー選手がタイ代表として韓国に遠征中のため、「ビック・サムライ」滝澤選手を起用したそう。先日5月11日に行われたBECとの練習試合で1点を決めた滝澤選手、調子は良さそうなので期待が膨らみます。猿田選手は残念ながら出場しませんでした。

試合は、開始早々に滝澤選手のセンタリングが綺麗に決まり、バンコクグラスが1点を先制!その後追いつかれたものの、今度は滝澤選手のシュートが決まり勝ち越し!さらにスパチャイ選手が1点を追加。3-1 でバンコクグラスが快勝しました!!


(ピッチを走る滝澤選手)

これが滝澤選手がバンコクグラスに加入してからの初得点。見ていてとても嬉しかったですよ。これからの試合でも活躍を期待してます!


(試合後の猿田選手。大人気でサインを求めるファンが押し寄せていました)


(試合のニュース映像。滝澤選手の鮮やかなプレーをご覧あれ)

この試合に勝った結果、バンコクグラスはリーグの2位に浮上しました。来週28日はリーグ首位を走るチョンブリFCとの決戦!場所はチョンブリというランシットからは車で2時間くらいの場所にあるので、僕は応援には行けませんが、もし勝てばリーグ優勝もあるかも?期待の一戦です!

おまけ。

5月12日のサイアム・スポーツ紙。5月11日に行われたBECとの練習試合での滝澤選手の写真です。

ラオスに古着を寄付しました

「ラオスに古着を送りませんか」とあちこちで呼びかけましたところ、会社の同僚と、ツイッターで知り合ったティンブクトゥさん @Tombouc2 から古着をいただきました。
頂いた古着と僕の古着を合わせて、みーさん(奥さん)がラオスの実家に帰るときに持って行き、今回は奥さんの実家の村の人たちに配りました。

みーさんの実家はバーン・ティエンという村です。ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間半ほど北上した山の中にあります。


大きな地図で見る

村は10年くらい前に電気が来たばかりで、ほとんどの村人は農業をして暮らしています。50年前の日本の田舎のイメージですね。


村の風景。道路は未舗装で、ウシが歩いております。


今は乾季の終わりで村の殆どの井戸が枯れているため、水汲みが大変です。

村の中でも、とくに生活が大変そうな家族を選んで、服を進呈しました。写真を撮ってきましたのでご覧下さい。みんな喜んでくれたそうです。


新しいズボンがお気に入りの様子。この男の子のお母さんは、みーさんの小学校の同級生で、少数民族だそうです。


この少数民族の家族は、子どもが6人(全員女の子)いて、いま7人目がお腹にいるそうです。少数民族で田んぼを持たないため、ふだんはご飯が足りず、かぼちゃ、バナナ、いもを食べ、タケノコを採って暮らしているそうです。ティンブクトゥさんから頂いた子供の服を20枚ほど進呈しました。


上の写真の向かいにある少数民族のおじさんです。お礼にパパイヤとかぼちゃとバナナを頂きました。


ラオス人の家族で、子どもが4人、お父さんは山で薬草や山菜を採って、村で売っています。


みーさんの実家の隣家には、コート差し入れました。ひとりで暮らしています。ラオスの冬は高地で寒いので、コートはとても助かりますよ。


ラオス人の家族で、子供は3人。お父さんはビエンチャンに出稼ぎに行っています。


こちらもラオス人の家族で、子供は4人。同じくお父さんはビエンチャンに出稼ぎに行っているそうです。子供服をあげました。

もしみなさんの家に、いらなくなった古着がありましたら、いただけないでしょうか?
いただいた古着は、機会を見てまたラオスに持って行きたいと思います。バンコク近郊でしたら取りに伺いますよ。よろしくお願いします!

2010年5月11日火曜日

6月からバンコク第2高速道路で「Easy Pass」使用可能

タイラット誌によると、タイ高速道路公社はバンコク第2高速道路でタイ版ETC「Easy Pass」の取り付けを完了、2010年6月中に稼働させるそうです。

現在「Easy Pass」が使えるのは、2010年1月31日にサービスが始まった、以下の三路線。
・バンコク第1高速道路
・ラムイントラ高速道路
・バンピー-スクサワット線
2011年中には、バンナー線にも設置する予定です。

「Easy Pass」の販売枚数は11万枚だそうで、結構多いですね?料金を5%割引するプロモーションは、12月31日まで継続中です。購入方法等につきましては、拙ブログの以前の記事をご覧ください。

ランシットに行くドンムアン高速道路は、別会社だからでしょうか、取り付けの予定は「ない!」そうですので、僕のクルマに「Easy Pass」を付ける予定はありません(涙)

2010年5月8日土曜日

バンコクグラスFC 対 オーソットサパーFCを観戦

全世界10億人のサッカーファンの皆様、お待たせいたしました。
5月8日の、バンコクグラスFC 対 オーソットサパーFCを観戦してきましたので報告しますよ。


(夕方のスタジアム)

今日はあらかじめ昼過ぎにスタジアムまで行き、切符を買ってきました。
VIP席で200B。チケットには試合開始は16時と印刷してあり、ウェブでも16時と確認していたんですが、チケットを買ったときに「18時に変更されました」と教えてもらいました。直前での変更はタイならではですね。いちど家に帰り、17時半頃にスタジアムに到着。


(ベンチの両選手。一番左20番が猿田選手、左から三番目22番が滝澤選手)

さて、注目の日本人選手、滝澤選手と猿田選手ですが、残念ながらこの試合では両選手とも先発出場はせず。後半になり、猿田選手が交代で入りましたが、滝澤選手は出場機会はありませんでした。


(応援席にはためく日の丸を見よ!がんばれニッポン!)

試合の方は、バンコクグラスFCが惜しいシュートを放つ場面もあったのですが、お互い点は入らず、0-0 の同点で終りました。サッカーは詳しくないのですが、他のチームと比べると得点が取れずに苦しんでいる印象があります。


(試合後にスポーツドリンクを飲む猿田選手)


(試合後にインタビューを受ける滝澤選手。カメラマンの女の子が可愛かったw)

今回の試合では、相手のオーソットサパーFC 21番の日本人選手がいることに気付きました。調べてみると、以前はAC長野パルセイロに在籍した加藤康弘(かとうやすひろ)選手ですね。今日の試合では、取れそうにないボールを全力で追いかけて取った、良いプレーが何回もありました。これからもがんばってください!

もうひとつ、オーソットサパーFC には背番号16番の「こまり よしたか」選手が在籍するようですが、情報がないので、もしご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。今日の試合では出場していなかったようです→わかりました。小森由貴選手です。

試合後にピッチ近くの柵あたりで写真を撮っていたところ、日本人らしき方を見かけたので、話しかけてみました。おひとりはお子様と一緒にバンコクから、もうおひとりはオンヌットからいらっしゃったそうです。そのおふたりと話していたところ、また別の方から話しかけられました。なんとこのブログの読者様だそうで、びっくりしました。どうもご愛読ありがとうございます。これから沢山の在タイ日本人が試合を見に来て、日本人選手を応援してくれると良いなーと思います。

来週5月16日(日)もホームで対シーサケットFC戦。また見に来て報告いたしますよ。

追記1:バンコク週報に、深澤選手のインタビュー記事が載っていますのでご覧下さい。
追記2:タイ・プレミアリーグの外人枠は7人、試合に出れるのは5人だそうです。