2011年1月6日木曜日

2011年 正月ラオス旅行記 その2

2010年の5月ころから、ブログやツイッターなどで「ラオスに古着を寄付しませんか」と呼びかけたところ、ありがたいことに複数の方から古着を提供していただきました。どうもありがとうございます!この場を借りてお礼申し上げます。

頂いた衣服はトランク3個分になり、今回のラオス行きでは奥さんが2個、僕が1個をかついで、えっちらおっちらと山奥まで運んで行きました。

はとざえもんの日記はとさんからは、沢山の子供服を頂きました。お友達に声をかけて集めた服を、わざわざ日本からバンコクまで持ってきて下さり、郵便で送って下さいました。頂いた子供服は50~60着ほどありましたので、カーシーの近くにあるタムタイ村に行き、子供たちを呼んで1着づつ配ってきました。

道路の横にいた子供たちに一枚づつあげました。左で爆睡している小さな子にもあげましたよ。

タムタイ村の真ん中にある広場で、みんなに一枚づつあげました。少数民族の村で、まだ電気も水道も来ていません。後ろにいる人達は、ホウキの材料を運んでいますね。ラオスの少数民族の村では、ホウキを作っているのをよく見かけます。

また、タイのよっちゃんから頂いた服と、会社の皆さんから頂いた服を、チエン村で配ってきました。

ウチの奥さんの知り合いの女性です。

おばあちゃんにも進呈しました。ラオスの山の中、夜は冷えるので、竹で編んだ壁だと寒いでしょうねー。

また機会があれば服を送りたいと思っていますので、不要になった服がありましたらいただければ幸いです。バンコク周辺でしたら取りに伺います。ご連絡はメールで nisizawa at gmail dot com か、ツイッターで @nisizawa までお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿