2011年2月24日木曜日

2011年2月 パンガン島旅行記 その2

その1からの続き。

フルムーンパーティーに行くのは初めてだったんですけど、
ま~人が多くてびっくりしましたね。
1万人くらいはいたんじゃないでしょうか。

パーティーとは言っても、誰かが主催してやっているという感じではなく、
砂浜に面したそれぞれのパブやレストランが、勝手に客寄せの催し物をやって、
観光客はそのへんをブラブラと歩きながら、
200バーツくらいで売っているバケツ入りのウイスキーとかカクテルをがぶ飲みする、
という感じです。

催し物は、火の玉を回すショウとか、DJが音楽をかけてお立ち台でみんなが踊るとか、
いろいろあったんですけど、一番すごいのはこれ。
炎の大縄跳びでございます。
縄にガソリンをぶっかけて、点火してから燃えている縄をぶんぶん回し、
跳びたい人が勝手に入って飛び跳ねてました、、、

これぞアメージング・タイランドですな。


見ていると、タイミングが合わなかったり、転んだりして、
炎が体にぶつかったり、燃えている縄が体に巻きつくこともありましたが、
不思議をヤケドには至らないようです。
もしかすると、彼らは酔っ払って感じてないだけかもしれませんが。
へたれの僕は、やらずとも見ているだけで十分スリルを味わうことができました。

他にも、

  • 4目並べのゲームを持って歩き、賭けゲームの相手を探すタイ人女性
  • 白人男性の財布をスったのがバレて、彼に追いかけられている女性二人組
  • お立ち台の上で愛が盛り上がってしまった白人カップル

などなど、さまざまな登場人物も参加し、フルムーンパーティーの夜は更けていくのでありました。

翌日、我々はお昼ごろの船に乗ってパンガン島を離れ、バンコクへの帰路につきました。

帰り道の休憩所で、靴をなくしたらしく裸足の白人青年が、
パッタイ(タイ式焼きそば)を売っているおばちゃんに対し、
「お金ないんです、、、タダでくれませんか?」と頼んでいたけど、おばちゃんは
「ダメダメ!!」と追い払っていました。
フルムーンパーティーで飲み過ぎて、財布も靴もなくしちゃったんでしょうね、、、同情します。
その後、彼は友達にご飯を分けてもらっていました。

その他、いろいろ楽しいこともありまして、
たった3日ではありましたが、楽しいパンガン島旅行でありました。
おしまい。

0 件のコメント:

コメントを投稿