2011年2月13日日曜日

2011年 正月ラオス旅行記 その4

今回のラオスで見た面白いモノ。

新型電話機。
これ、一見普通の卓上電話機で、何がすごいかわからないですよね。実はこれ、中身は携帯電話なんです。GSMのSIMカードを差して、無線で電話。電池はUSBでバッテリーに充電、電話代も安いそうです。まだ電話線が普及していない田舎では重宝されていて、畑仕事に行くときも持っていくと言ってました(笑)。ラオスのように山が多く、通信インフラも遅れている国では、電話線を敷設せず、ひと足飛に携帯インフラを構築したほうがいいということでしょうね。

カーシーの朝市で売っていた野生動物。
雉、リス、野ねずみ、コウモリ、ボウルに入ったのは虫でしょうか。こういった野生動物はご禁制らしく、僕が写真を撮ろうと声をかけたら、サッと隠すお店もあったんですけど、この店は平然と売っていました(笑)。うちの奥さんのお父さんは、リスや雉が大好きだそうです。

最後に、カーシー近所のクンラーン洞窟。
洞窟までの道路は現在建設中。将来はカーシーの観光名所になる予定。かなり広い鍾乳洞で、ラーン伯爵?のお屋敷だったという伝説があり、この場所は居間、ここは寝室と、それぞれの場所に部屋の名前が付いていました。

この写真のダーおじさんは、僕たちがタイに帰った直後に自動車事故で亡くなりました。写真にある奥さんと息子さんも、同乗していて重傷を負い、他にもう一人が亡くなったそうです。明るく冗談が好きで、働き者のおじさんでした。ご冥福をお祈りします。合掌。

0 件のコメント:

コメントを投稿