2012年1月5日木曜日

2012年正月ラオス紀行

今回、わざわざ自分でクルマを運転してまでラオスへ行ったのは、寄付するモノがたくさんあり、とても飛行機やバスで運べる量ではなかったのですよ。

今回行ったのはこのへん。タイ・バンコクからラオス・ビエンチャンまで 600km。そこからホコリっぽい道をさらに 200km 行った山の中です。


より大きな地図で Android Link を表示

ポーンタン村は国道13号線沿いにある少数民族の村です。ここでは古着110着を配りました。前日の夕方に村を訪ね、村長さんに「古着を提供したいが、みんなに配るほど多くはないので、特に困っている家族を選んでほしい」とお願いしたところ、翌日には27家族のリストを作ってくれましたので、ひと家族に4着づつ提供しました(残り数着は村長さんに配付をお願いしました)。

(約束の朝7時に行ったらみんな待ってました)

(子供が多い!)

村長さんからは、「来年は拡声器をもらえないだろうか。村の中に連絡するのにほしいのだが」とお願いされました。検討します!

また、ウチの奥さんの実家があるティエン村の小学校へは、去年来たときに約束した パソコン1式(プリンター付)を寄付しました。パソコンは、すぐにラオス語が打てて印刷できるように設定してきました。

(わたしコンピュータ触るの初めて~と言いながら使ってみる先生)

また、知人から運動用具(バドミントン、サッカーボール、大縄跳びの縄など)と、クレヨン200箱をもらいましたので、ティエン村小学校に寄付しました。

(クレヨンをひとり一箱配りました)

驚いたことに、学校では歓迎式典を開いてくれました。式典の後は教室でごはんを頂き、最後はプレゼントまで頂いてしまいました。家に戻ってからプレゼントを開けたら、中身はラオス式スカートでした。

併設されている幼稚園の校長先生と話したところ、幼稚園用の大きな黒板2枚と、文字を練習する小さな黒板80枚がほしいが、なんとかならないかと頼まれました。大きな黒板は、輸送費用を考えるとラオスで買ったほうがいいので、まずは校長先生が値段を調べることになっています。

(文字を練習する小さな黒板。十数枚しかないけど、園児は60人。来年は80人になるそうです)

この寄付も、最初は自分が要らなくなった服をあげただけだったのですが、ブログに書いたり知人に話しているうちに、いろいろ協力してくださる方が出てきてくれました。協力してくださった皆様には、この場を借りてお礼申し上げます。

これからも古着の寄付は続けていくつもりですので、要らなくなった服、特に子供服があれば、いただけないでしょうか。バンコク周辺でしたら取りに伺い、責任を持ってラオスまで届けます。

今回寄付した先と、寄付したもの、寄付して下さった方
  • ビエンチャン県カーシー郡ポーンタン村
    • 子供服の古着56枚 @nisizawa
    • 古着約60枚 埼玉県のKさん、Mさん
  • ビエンチャン県カーシー郡チェン村小学校
    • パソコン一式 @nisizawa
    • 運動用具(バドミントン、サッカーボール、大縄跳びの縄など) 埼玉県のKさん
    • クレヨン200箱 埼玉県のKさん
  • ビエンチャン県カーシー郡ポンカム村小学校
    • 運動用具(バドミントン、サッカーボール、大縄跳びの縄など) 埼玉県のKさん
    • 遊具 埼玉県のKさん

リクエストを頂いたもの
  • ビエンチャン県カーシー郡ポーンタン村: 拡声器、古着
  • ビエンチャン県カーシー郡ティエン村小学校: 大きな黒板2枚と、文字を練習する小さな黒板80枚

2 件のコメント:

  1. 私はタイのバンコクに住んでいるものです。
    赤ちゃんや子供の洋服、おもちゃなどいろいろあるのですが
    持って行っていただけるでしょうか?(もう遅いかな)
    バンコクに来ることはありますか?

    返信削除
  2. ありがとうございます!バンコクへはよく行きますので取りにうかがいます。次回ラオスへ行くのは早くても4月になりそうです。お手数ですが、 nisizawa at gmail.com までご連絡いただけないでしょうか。よろしくお願いします。

    返信削除