2013年1月24日木曜日

2013年正月ラオス紀行

みなさま明けましておめでとうございます。
もはや私の正月恒例となった感のある、陸路ラオス旅行へ行って来ましたのでご報告。

ブログの読者の方や、ツイッターで知り合った方、会社の先輩・後輩たち、近所の人や友達から、いろいろ寄付を頂きました。この場を借りてお礼を申し上げます。

頂いたものをまとめますと
  • 日本の橋本様・五十嵐様・西川様・坂下様に頂いた、下記44,350円分の寄付
    1. 拡声器(ポンタン村へ寄付)
    2. 大ホワイトボード(120cm x 240cm) 3枚(2~6はチエン村小学校へ寄付)
    3. 小ホワイトボード(A4サイズ, ペン・白板消付) 50枚
    4. パイロット製ペン 3ダース
    5. 充填用インク 10個
    6. 輸送費(ヴィエンチャンで購入した2~6をチエン村まで送る輸送費)
  • バンコクのミチさんから頂いた子供服(チエン村へ寄付)
  • コラートのゴルフさんから頂いたガソリン代寄付 1,000バーツ
  • 会社の先輩から頂いた学用品(シーサンウォン小学校、ヒンレックファイ村小学校へ寄付)
  • ヴィエンチャンのニーさんから頂いたノート500冊(シーサンウォン小学校、ヒンレックファイ村小学校へ寄付)
  • 会社の後輩から頂いた布団・古着(チエン村へ寄付)
  • バンコクの渡辺様に頂いた古着・カバン・日用品等(チエン村へ寄付)
沢山頂いたので、ラオスへ向かうクルマの後部座席とトランクは満杯になりました。

寄付の様子。

ポンタン村。緑の服は、1年前に拡声器をリクエストした元村長さん。村と学校での連絡に使うそうです。

親戚一同で古着を仕分けしたところ。翌日すぐに配れるように、6~7着ごとに紐でしばっておきます。

チエン村の皆さんと、古着を配った あとで記念撮影。

チエン村幼稚園に、日本の橋本様・五十嵐様・西川様・坂下様から頂いたホワイトボードを寄付。ホワイトボードは、このブログで呼びかけたところ、4名方から寄付を申し出て頂いたものです。

シーサンウォン小学校に学用品を寄付。青い帽子は一見水泳帽ですが、実はボーイスカウトのようなもので、成績優秀かつ品行方正な生徒だけがなれるそうです。

ヒンレックファイ村小学校に学用品を寄付。ここの教室は1部屋だけ、黒板が右と左の2枚あり、先生は2枚の黒板を使って、別学年の生徒を交互に教えるそうです。

寄付はこれからも地道に続けていくつもりです。支援、応援してくださった皆様に感謝。

おまけ編
ラオスの温泉へ行ってきました。カーシーから北へ20kmほど行ったところにあり、入場は無料。水温は30度くらいかな、温水プール程度のぬるま湯ですが、朝晩が冷えるお正月のラオスではありがたい。男性は短パンをはいて、女性はラオスカート(シン)を身体に巻いて入ります。

温泉からの帰り道。山を背景に格闘しているラオス人を発見しました。中国映画の影響を受けているようです。