2017年6月18日日曜日

バンコクのフィットネスクラブ【Fitness First 】詳細

バンコクにはいくつかフィットネスクラブ・チェーン店がありましたが、2012年にカルフォルニア・ワオ(California Wow)が破綻し、2017年6月にはトゥルー・フィットネス(True Fitness)も全店舗を閉鎖しましたので、現在はフィットネス・ファースト(Fitness First)の一人勝ちと言えそうです。

この記事では、そのフィットネス・ファーストの詳細を紹介したいと思います。ブログ主は2015年末から約1年半、このフィットネス・ファーストの会員になっています。



フィットネス・ファーストの概要

フィットネス・ファーストは、1993年に英国で設立されたフィットネスクラブで、2014年の時点で世界16カ国に377ヶ所の店舗があり、総会員数は約90万人です。[出典: wikipedia]


タイの店舗


タイには上の29ヶ所の店舗があります。うち5ヶ所はプラチナクラブのため、プラチナ会員でないと入れません。プラチナ会員は全ての店舗(29ヶ所)を利用でき、通常会員は通常の店舗(24ヶ所)であればどこでも利用できます。


初回費用と月会費

(単位:タイバーツ、VAT抜き)
種別通常会員
5ヶ月契約
通常会員
12ヶ月契約
プラチナ会員
5ヶ月契約
プラチナ会員
12ヶ月契約
契約月数 5ヶ月12ヶ月 5ヶ月12ヶ月
入会金 4990 4990
事務費 1,6001,6001,6001,600
BODY FIRST 1,6001,6001,6001,600
Buy now package 3,0003,0003,0003,000
月会費 2,5552,155 2,8852,485


入会金、事務費、BODY FIRST、Buy now package は初回のみかかる費用です。
私が入会したときは、事務費は 0 バーツに負けてくれました。

BODY FIRST は、トレーナーがついて、身体能力を測定したり、マシンの使い方を教えてくれる数時間のコースですが、期限内にフィットネスクラブに通う条件を満たせば、この費用はクーポンで返してくれます。クーポンは月会費の支払いに充てることができます。

Buy now package の内容は忘れましたが、交渉したところ、これは買わないで契約できました。

何回行っても月会費以外の費用はかからないので、行けば行くほどお得な気分になります。


設備とクラス

店舗の広さによって違いがありますが、各店舗にはヨガ、自転車、運動、ムエタイといったクラスを開催する部屋があり、毎時間ごとにコーチが来て、クラスを開催しています。

これは、クラスの時間割の例です。

クラスに参加したいときは、事前登録の必要はなく、その時間に行くだけで参加できます。利用は無料で、追加料金はいりません。時間割はこちらのページから確認できます。

また、各クラブにはランニングマシン、エアロバイク、トレーニングマシン、ウエイトトレーニング用の器具が揃っており、自由に使うことができます。

休憩室には炭酸飲料(est)、インスタントコーヒー、紅茶、お湯、水、シャワー室にはサウナ、更衣室にはティッシュペーパーとドライヤーがあり、どれも自由に使えます。


ブログ主の感想


良いと思う点


  • 常に掃除している人がいて、設備、床、シャワー室、トイレは清潔
  • 何回使っても追加費用がかからないので、できるだけ行こうという気持ちになる
  • どの店舗も利用できる(海外の店舗も利用できると聞いた気がする、要確認)


不満な点


  • 店舗と時間によっては混んでいることがある。フューチャーパーク店は、平日の夜だとランニングマシンの空きがない。
  • プールもお風呂もない(日本のフィットネスではないので、仕方ないとは思うが)


総合的には良いフィットネスクラブだと思っていますので、これからも利用し続けるつもりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿